ゴルファーに人気なゴルフ練習場ガイド

トレーニング場では、打席を指定するところも多くあります。自分の持ち球を出来る限り正確に人に伝える事ができるくらいになれば、コースデビューしても感じが好いのでは?ゴルフ初心者ですから、コースのイメージが作れないのが当り前です。

 

分からないときは、練習場の方に聞くか、それが恥かしいときは、ジュースでも買って、まわりをじっくりと見回してれば、要領が分かるはずです。サイドネットに当たらないように練習をしましょう。

 

スタンダードには、自分の好きなところで練習をしても感じが好いのですが、新宿の練習場や人気の練習場では、待ちを時間強壮られることもしばしばです。自分の打つ場所を先にフロントで決めることができます。

 

ビックリしないでください。高所恐怖症の方は1階で練習をしましょう。

 

その時は、ラウンジなどでコーヒータイムも優良です。ボールは、コインを入れてボールが決められた数出てくるシステムのところや、フロントで貰ったカードを使うところ、ボールを自動ティーアップして出てくるところなど、数々です。

 

また、標準的にいわれている事ですが、スライサーの方はむかって右側の打席(正面ネットを向いて右手側)、フッカーの方は左の打席(正面ネットをむかいて左手側)がいいとされています。ボールを準備して練習スタートデス。

 

大きなゴルフトレーニング場は、2階立てのところもあります。